POET

TAKEHIKO KUROKAWA

炊かれた日々のほとりから
かじかんだ麒麟の群れが水平線を目指す

打ち付けられた十字架の残響が
緑の丘を低く飛ぶ

組み上げられた木材が
正方形の海に沈む

密林の岩岩に夜光虫が、蛾が
息を潜めて訪れを待つ

パプリカ

鳥かごの重さを抱えながら
雨粒の軌跡をたどっていく

今朝、馬車は教会へ着いた

© 2014 by TAKEHIKO KUROKAWA 

連絡先 btr829@gmail.com 

120-0036 東京都足立区千住仲町49-11-1009号

  • YouTubeの
  • Twitter App Icon
  • Facebook App Icon