自分の声

生れてこのかただいたい40年

なにかに選ばれるということはなかった。

受験もだめだし、試験という試験に落ちた。

望むところに合格するということがない。

だから足りていないところや

誰ものぞまないようなところを歩いてきた

でも去年はじめて

オーディションを受けて望むところへ行くことができた

そしてそこには素晴らしい出会いと経験があって

私の日々を豊かにした

そういった日々を続けたいと思った。

だから続ける

簡単なことです

自分の声に

僕は従う

Featured Posts
Recent Posts