毎夜、料理を練習。

料理ってほんと跡形もなく消え去るね。

まかないで何を食べようかってんじゃなく

何色を食べたいか

どいうゆう形を食べたいか

味だけじゃなくその見た目を意識

美味しいと食べてくれる人がいればそれはしあわせ。

仏教だったか悟りを開いた人に

すべては食としたひとがいた

あまり食べないことが悟りへの道とあった

食はつまりは破壊なのだ

太っているいる人は良く温和と言われるが

実際はものを食べて破壊することなのだ

そこで攻撃性を緩和しているのだ

食べることをやめた悟りの人は

そこでこの人間のもつ攻撃性をコントロールしているのか

作った料理を食べさせることを性的な意味で捉える料理人がいる

無限の食材が私を通過していくように

すべての時間や景色、人、感情も通過していくのだ

通過せよ

私を通過せよ

世界よ

私を通過せよ

こうして思いを書き連ねて

少し「詩」のような言葉が現れる

そう、こうして記していけばいいのだ

全然関係ないが、モメ練日誌のかよちゃんの文字の可愛さといったらもう。

その印象が私の心を潤わす。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

© 2014 by TAKEHIKO KUROKAWA 

連絡先 btr829@gmail.com 

120-0036 東京都足立区千住仲町49-11-1009号

  • YouTubeの
  • Twitter App Icon
  • Facebook App Icon