3月11日

震災があってから7年目。

その時ぼくは所沢のマンションにいた。

揺れで目がさめた。

テレビをつけて津波の押し寄せるのをみていた。

3日間西武線が止まり家にいた。

友人たちと連絡を取り合って安否を確認した。

4日目にアバッキオに行って周囲の人たちと会った。

原発が爆発した。

もやもやとした不安ばかりが募っていたこと

僕にも周囲の人たちにも。

そしてしばらくして足利さんと現地の災害支援へいくことになる。

ピースボートの人たちはとうに現地入りしていた。

よく知る人はしんごちゃん。

詩人の大江さんがマクドナルドで震災についての詩を書いた。

僕も足利さんと現地に行ったあとに詩を書いた。

記すこと

サルトルは日記を重要性を書いた。

2018年の3月11日

僕は赤坂で料理を作っていた。

昨日とそうは変わらいない日常の中

それぞれの瞬間が過去という概念の中に飲み込まれていく。

黒板に言葉を書いて消す。

デジャブのような言葉

意味よりも黒板の前で

言葉に任せて僕はただ記す。

言葉は詩人のためにあるのではなく

詩人が言葉のために存在する

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

© 2014 by TAKEHIKO KUROKAWA 

連絡先 btr829@gmail.com 

120-0036 東京都足立区千住仲町49-11-1009号

  • YouTubeの
  • Twitter App Icon
  • Facebook App Icon