4月3日

部屋の模様替え。

スライドなどを映写しやすく。

詩を書くところ、読書するところ、絵を描くところ、PCスペースなどをそれぞれ。

父の荷物をまとめて、台として。

この部屋はそれでもまだ眠るところがある。

少し古い本など整理。

台所のオーケストラが届く。

腰を少しいためていしまう。

犀星の晩年の詩を思い出す。

***

「老いたるえびのうた」室生犀星

けふはえびのように悲しい 角やらひげやら とげやらいっぱい生やしてゐるが どれが悲しがつてゐるのか判らない。 ひげにたづねて見れば おれではないといふ。 尖つたとげに聞いてみたら わしでもないといふ。 それでは一体誰が悲しがつてゐるのか 誰に聞いてみても さっぱり判らない。 生きてたたみを這うてゐるえせえび一疋 からだじうが悲しいのだ。

***

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags