5月13日

赤坂で仕事ネパールの言葉には12の母音がある。

言葉の成り立ちや意味、

そこの国で違うなぜ違うのか。

バベルの塔で近づきすぎた罰として言語が分かれたとの神話がある。

いまは機械で言葉の疎通が容易になってきている。

神に近づくことが出来るのか、争いの絶えないこの世界で。

いのちの限りのある個々の人間で。

伊藤計劃のハーモニー

個人が失われて一体になる

エヴァンゲリオンの補完計画

ここの粒子や電子に還元して

個々がなくなる世界。

まだ訪れないが明日、訪れるかもしれないのだ。

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

© 2014 by TAKEHIKO KUROKAWA 

連絡先 btr829@gmail.com 

120-0036 東京都足立区千住仲町49-11-1009号

  • YouTubeの
  • Twitter App Icon
  • Facebook App Icon